マイホームの新築やリフォームの際、間取りは、どのようにすれば良いと思いますか。

  • 大工や工務店にすべてお任せする
  • 建築士に設計を依頼する
  • 自分で考えて、指示を出す

どれも、それだけでは不安です。

なぜならば、人それぞれ、理想の間取りが違うからです。

どのようにすればよいか、考えていきたいと思います。

 

<基本>

 間取り設計で大事な事は、当然ながら住む人が気持ち良く、便利で、幸せに暮らせるように考えて、設計する事です。

動線や収納、構造などを考えて設計するのも、その目的のためです。

しかし、個人個人、生活スタイルが違いうので、理想も違います。

間取り設計を理想に近づける事の出来る唯一の人、それは、施主様だけなのです。

実際は、夫婦の力関係によって、いろいろありますが。

では、間取り設計はどのようにしますか?

ポイントは想像力です。

例えば、子供に「将来何になって社会貢献するの?」って、聞いたら、しばらくたって答えが出てくるように、すぐで無くても、リフォーム後の生活を想像すると理想が見えてきます。

 

 実際、私は、このような手順で間取り設計をします。

例えば、20年後に建て替えか、再リフォームをする前提の場合、5後、10年後、20年後の生活がどのようになっているか、考えを聞きます。

この段階での話です。

それに基づいて、プランをいくつか作成します。

そして、いろいろなお話をして、ライフスタイルを考えてもらいます。

お話しした結果を基に、プランの修正をすると同時に、施主様にもプランを考えて頂きます。

施主様がプランを考えているとき、前述の数年後の生活を考えて頂きます。

当然、構造など、重要な事は、修正させて頂きます。

施主様のプランもトレースし、何回か繰り返します。

図面の総枚数が20枚を超えることも、ざらです。

そして、最終的に生活をしている姿を想像してもらいます。

うまくいったら、間取り設計が完成です。

思い込みを無くすため、数日たってからの確認も忘れません。

 

<古民家リノベーションの間取り>

 古民家で柱や梁がしっかりしている場合、まるまるリフォームすることがよくあります。

その場合、重要なのが、大事な部位を傷つけない事です。

柱や梁は、特に重要です。

張り替え等ができる、しぶき板などは、後で対応できますが、梁などは後補修がしにくいからです。

 今までには、こんな欠陥工事も目撃しました。

・間取り云々の理由か、大事な柱を途中で、切ってあった。

(構造的に大変危険)

・かやぶき屋根の上半分を撤去して、トタン張りでごまかしてあった。

(雨漏りがひどいが、修復不可能)

知識不足のリフォーム屋であったり、逃げる前提の工事屋だったり、いろいろです。

 

 間取りは、動かせない柱を中心に検討をしていきます。

アドバイスを受ける場合、しっかりとした知識を思いの方や建築士などの免許・資格を持っている人に相談する事が良いでしょう。

特に営業さんは営業のプロであって、建築のプロでないこともあるので注意です。

 間取りと同時に耐震補強をする場合、壁を増やすように間取りも考えます

玉石基礎の場合が多いので、耐震補強時には、べた基礎を施工し、土台を回して、柱を固定します。

費用の関係で、完全な耐震補強ではなくて、ある程度の補強の場合も多いです。

 方位などの風水的要素を気にする方もみえます。

風水にも理由がある事、無い事、様々だと感じます。

理屈抜きに不安が解消されるのならば、するべきですが、ある程度は考慮して、今までの経験から判断することが正しいと私は思います。

 

<最後に>

 間取りで失敗したと感じる方は、他人に任せっきりにしていませんでしたか?

施主様の思う良い間取りと、専門家が思う良い間取りは違うという事。

大きな会社の場合、専門家だと思っていた、間取りプランナーが、新入社員の素人である可能性もあります。

間取りは、一度決めたら着工すると後戻りはできません。

この設計にこそ時間をかける、想像力を働かせる事が重要です。

大きなお金をかけてする事、大事な事は自分で判断をベースにすると、たとえ失敗しても後悔は少ないと思います。

私たち専門家は、自分の経験、知識を持って、全力でお客様をサポートします。

 

 

 

<PR>

無料相談を実施しています。

30分程度で。電話かweb会議方式です。

ただし、作図や調査は有料です。

 

 

ゆうけい建築事務所